ブレンドコーヒーとは?【ストレートと何が違うの?】

ブレンドコーヒーとは?【ストレートと何が違うの?】 Recipe

「ブレンドコーヒーってどこのお店にも置いてあるよね」

「ブレンどコーヒーって必用あるのかな」

喫茶店やカフェなどでコーヒーのメニューを見るとほとんどブレンドコーヒーが置かれています。

産地でブラジルやエチオピアなどと書かれたコーヒーが置いてある場合もあるでしょう。

コンビニなどのドリップパックでもブレンドと表記してある場合が多いと思います。

産地ごとのコーヒーはその産地のコーヒーだとわかりますがブレンドコーヒーとは何でしょうか。

そして何でわざわざブレンドするのでしょうか。

深く見てみましょう。

本記事の内容

  • ブレンドコーヒーとは
  • どのように作られているのか
  • ストレートとどっちがいいのか

・ブレンドコーヒーとは

・ブレンドコーヒーとは【ストレートと何が違うの?】
  1. 名前
  2. お店の目的
  3. 個人の目的
1.名前

数種類の豆を混ぜ合わせたコーヒーを「ブレンドコーヒー」といいます。

それに対して混ぜ合わせていない1種類のコーヒーを「シングルオリジン」といいます。

ブレンドコーヒーはそのまま「ブレンドコーヒー」としてメニューにある場合もありますが、お店の名前をとった「○○ブレンド」のような形もあります。

季節ごとにブレンドを出すお店ではその季節を思わすような名前が付けられていることが多いです。

2.お店の目的

一番の目的はそのお店の味というところでしょう。

「あのお店に行けばあそこの味のコーヒーが飲める」といったオリジナリティがブレンドコーヒーに現れます。

それゆえにお店側では同じ味になるよう苦労する部分があります。

また、シングルオリジンでは個性が強く出すぎてしまい好みが分かれてしまう場合もありますが、ブレンドコーヒーでは多くの人に好かれるようにバランスをとることができます。

3.個人での目的

自分好みの究極の一杯を探すことができます。

お店ではより多くの人に好まれる味が取り入られることが多いですが、個人で行う分には自分が好きなように調整することができます。

とがっている部分を和らげるのではなく、さらにとがらせることもできるかもしれません。

・どのように作られているのか

・どのように作られているのか
  1. プレミックス
  2. アフターミックス
  3. お家でブレンド
1.プレミックス

豆を最初に混ぜてしまい、そこから焙煎する方法です。

種類や産地によって豆の特徴が異なるため、火の通りやすいものと火の通りにくいものでは同じ焙煎ではばらつきが出てしまいやすくなります。

2.アフターミックス

アフターミックスでは名前の通り、それぞれの豆を先に焙煎します。その後、ブレンド比率に合わせて混ぜます。

それぞれの豆に合わせた焙煎を行うことができるのが特徴です。その反面種類のブレンドであったら4回焙煎したあとにブレンドするため手間もかかります。

3.お家でブレンド

家庭でブレンドコーヒーを作る際には2種類から行うと良いです。

複数種類をストックしている家庭はそうそうないと思います。また、買ってきても飲み切れず時間が経ってしまうのも勿体ないです。

種類の豆をそれぞれで飲んでみてバランスを決めておきましょう。

バランスを決めたら混ぜますが、挽いてからではなく豆の状態で混ぜるようにしましょう。粉ではうまく混ぜ合わさりません。

・ストレートとどっちがいいのか

・ストレートとどっちがいいのか
  1. 価格面
  2. 味の面
1.価格面

お店で注文する場合はブレンドコーヒーの方がやや安価に設定されている場合が多いです。

なぜ、ブレンドコーヒーはやや安価なのでしょうか。

コーヒー豆の値段は前後するため、シングルオリジンではその影響を直接受けてしまいます。しかし、ブレンドコーヒーでは複数種の豆を使うことでその影響を緩和することができます。

また、ブレンドコーヒーはお店の顔でもありますので、一番注文されることの多いコーヒーです。シングルオリジンよりも回転が良いためロスの管理も楽になります。

以上の理由からブレンドコーヒーをやや安価で提供しているものだと考えられます。

2.味の面

シングルオリジンではその豆の個性がしっかり伝わってくるのが特徴です。

ブレンドコーヒーではうまく調整されたバランスの良い味わいが特徴です。

ブレンドコーヒーでは深煎りの豆と浅煎りの豆を合わせるといったようなこともでき、味のバリエーションが広いです。

・まとめ

・まとめ

ブレンドコーヒーとシングルオリジンではどのように異なるのかわかりましたか。

初めて行くお店にブレンドコーヒーがあったら注文してみましょう。

どのような味わいになっているのか注文するときから楽しみになります。また、ブレンドコーヒーの作り手がどのように考えて調整したのかというところに思いを馳せるのも面白いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました