【初心者必見】コーヒーショップの選び方【3ポイント】

【初心者必見】コーヒーショップの選び方【3ポイント】 Beans

「近くにコーヒーショップが複数あってどこにしようか迷ってしまう」

「コーヒーショップを選ぶ基準って何だろう」

コーヒーの専門店って通販なども含めるとたくさんあってどこで買ったらいいか迷ってしまいますよね。

どこのお店がおいしいのかやそもそもお店によって何か違うのって思っている方もいるかもしれません。

実際同じコーヒー豆を焙煎してもお店によって味は変わってくると思います。焙煎する時間や火力、機械などが異なるからです。

ただ、そういった焙煎に関することは難しいと思いますし、そもそもその情報について開示しているお店はほとんどないかと思います。

この記事ではもう少し簡単に上記のような迷いを少しでも減らせるようにコーヒーショップを選ぶ際の基準についてまとめました。

本記事の内容

  • コーヒーショップの選び方【3ポイント】
  • お店が近くにない人は通販も有
  • コーヒー選びに少し慣れてきたら

・コーヒーショップの選び方【3ポイント】

・コーヒーショップの選び方【3ポイント】
  1. 店員さんが教えてくれるかどうか
  2. 試飲できるかどうか
  3. 焙煎日がわかるかどうか
1.店員さんが教えてくれるかどうか

コーヒー豆を買う時にいろいろわからに事があると思いますが、そういうところを質問して答えてもらえるようなところを選びましょう。

聞いたこと以上のことを教えてくれるところだと大変いいお店だと思います。

また、豆など生産国しか書いてない場合が多いですが農園など詳しい情報を教えてもらえるところも信頼性が増します

2.試飲できるかどうか

豆の特徴を教えてもらうより実際飲んでみて自分のフィーリングとすり合わせた方が好みがはっきりすると思います。

百聞は一見に如かず」ですね。

試飲ができるところはそれを売りにしている場合が多いのであらかじめお店を検索してみるとわかる場合が多いと思います。

3.焙煎日がわかるかどうか

焙煎直後から酸化が始まってしまうコーヒーには焙煎日の情報が不可欠です。

もし、お店で挽いてもらう場合には日持ちしないためより重要になります。

焙煎済みのコーヒーを購入する場合には購入した袋に焙煎日の記入がある場合が多いです。もし記入されていない場合は店員さんに聞いてみましょう。

・お店が近くにない人は通販も有

・お店が近くにない人は通販も有
  1. 近くにお店ない人
  2. 全国の店舗のコーヒー豆を購入可能
  3. 誰でも情報がわかる
1.近くにお店がない人

近くにコーヒーショップがない人や買いに行く時間のない人などには「通販」がおすすめです。

離島などとても遠いところでない限り、焙煎日から2日位内には届くかと思います。

近くにお店がなくても焙煎したての新鮮なコーヒーが飲めるのは通販のいいところですね。

2.全国の店舗のコーヒー豆を購入可能

通販の一番のメリットはこの点だと思います。

評判のいいコーヒーショップの豆をその場所に買いに行かなくても買えますし、複数の店舗から購入することもできます。

全国に名店がありますので通販さえ行っていればすべてのお店の豆をお試しできますね。

3.誰でも情報がわかる

通販でコーヒー豆を販売する際お店の人は対面販売と異なり口で説明することができないため、必然的にどのようなコーヒー豆かの説明が多くなります

コーヒー豆を買いに行って迷ってしまう人や、あまりお店の人と会話することを好まない人にはこちらの方が落ち着いてゆっくり選べますね。

また、わからない言葉など出てきても調べることもできます。

・コーヒー選びに少し慣れてきたら

・コーヒー選びに少し慣れてきたら
  1. いろいろな店舗の豆を見てみよう
  2. 自分なりの基準を決めてみよう
  3. お店の強みの豆と自分の購入したい豆を合わせよう
1.いろいろな店舗の豆を見てみよう

コーヒーショップをあまり知らないのであればいろいろなコーヒーショップを見てみることをお勧めします。

同じ銘柄の豆でも味が少し異なっているはずです。

一つの店舗しか知らないのは勿体ないのでぜひいろんなところのコーヒーを探検してみましょう。

2.自分なりの基準を決めてみよう

コーヒーショップを選ぶ際には自分なりの基準を決めるのがいいです。

ある程度基準がないと複数の店舗の豆を比べることができないと思います。

コーヒーを購入した袋のラベルの情報やどのような袋に入っているか、ミディアムローストで注文した際の焙煎度合いなど自分の基準を満たしたら購入するやリピートするといった形です。

3.お店の強みの豆と自分の購入したい豆を合わせよう

お店によって深煎りの豆がおいしいや浅煎りの豆がおいしいがあると思います。また、同様に飲む人にも好みがあります。

お店の強みが深煎りの豆で自分も深煎りが好みであるといった状況が一番好ましい状態だとおもいます。

飲みたい焙煎度合いや種類なども時によって変わると思いますので、いろいろなパターンに対応できるように複数の自分のお気に入りのお店を見つけましょう。

・まとめ

・まとめ

たくさんのお店のコーヒーを飲んでいればどこかで自分の気に入るお店があると思います。味覚は人によりけりなので一般的に評判のいいお店のものを気に入るとも限りません。

自分が満足できる物を探すのもコーヒーの愉しみかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました