【人に聞けない】コーヒーの作り方

【人に聞けない】コーヒーの作り方 Recipe

コーヒーの作り方ってあまり聞かない響きですよね。

コーヒーの淹れ方やコーヒーのドリップなどが一般的な言い回しかと思います。

なのでこの記事を見ている方は「コーヒーについてあまり知らないよ」って方や「ペットボトルや缶コーヒーしか飲まないよ」って方ではないでしょうか。

そんな方でもわかりやすいように「コーヒーの作り方」について説明します。

本記事の内容

  • 【作り方①】買ってくる
  • 【作り方②】挽く
  • 【作り方③】淹れる

・コーヒーを買ってくる

・コーヒーを買ってくる
  1. すでにコーヒーがある場合
  2. 粉のものを買ってくる場合
  3. 豆のものを買ってくる場合

(注)・・・こちらではインスタントのコーヒーについては説明はしません。

1.すでにコーヒーがある場合

すでにコーヒーがある場合はインスタントのものでないかの確認をしましょう。

インスタントでないことを確認したら次にコーヒーが粉か豆か状態を確認しましょう。

粉の場合は「淹れる」の項目まで飛ばしてください。

豆の場合は「挽く」を見てください。

2.粉のものを買ってくる場合

粉のものならスーパーなどにも売っています。

こちらの場合は「挽く」必要がないので、挽く道具もってない人や、面倒くさい人は粉のものを買いましょう。楽にコーヒーを作れます。

3.豆のものを買ってくる場合

上の画像のような状態が豆のコーヒーです。

コーヒーの品ぞろえがしっかりしているところであるなら豆の状態のコーヒーも置いてあります。詳しくコーヒーショップの選び方を参考にしてください。

豆の場合挽く道具や手間がかかりますがその分おいしいコーヒーを作ることができます。

・挽く

コーヒーが豆の状態の場合は豆を挽かない(粉にする)とコーヒーを作れません。

豆を挽く部分については

この二つを参考にしてみてください。

・淹れる

粉の状態のコーヒーをここで普段飲んでいるようなコーヒーにします。

簡単に表現するとコーヒーの粉をお湯につけてあげるとエキスが出てきてコーヒーになります。

抽出方法にはいくつかあります。

どのようにしてコーヒーが作られるのか(抽出されるのか)についてはこちら

とりあえずペーパードリップで飲みたいなという方はこちらで詳しく見てみてください。

ペーパードリップは細かい説明をなくすと以下の流れになります。

ドリッパーにフィルターセット

⇒フィルターの上に粉セット

⇒カップかサーバーの上にドリッパーセット

⇒上からお湯注ぐ

⇒完成!!

わからない単語があった方へ

・まとめ

お湯にコーヒー粉の成分を溶けださせてあげればコーヒーとなります。

そこに、しっかりとおいしさを求めるとコーヒー豆選びや、各種道具、知識など必要になってきます。

深く知りたいなという方はサイトをめぐってみてください。

タイトルとURLをコピーしました