【珍コーヒー】ジャコウネコ生み出すコーヒー

【珍コーヒー】ジャコウネコ生み出すコーヒー WorldCoffee

「世の中には珍しいコーヒーがあるってきいたよ」

「動物が関係してるコーヒーとは」

上のようなコーヒーはおそらく「コピルアク」または「カペアラミド」どちらかのことだと思います。

通常のコーヒーはコーヒーノキになっているコーヒーチェリーを人間が採集し、生産処理を施して出来上がります。(こちらで詳しく説明しています。)

一方上のものはコーヒーノキになっているコーヒーチェリーをジャコウネコという動物が食べ、糞として出てきた種をきれいにしたものです。

なぜこのようなコーヒーが飲まれるか不思議に思うかもしれません。

そこで、少し深く見ていこうと思います。

本記事の内容

  • ジャコウネコとは
  • なぜこんなに高いのか
  • おいしいの?

上のような三つのポイントから見ていこうと思います。

ジャコウネコとはどんな動物なのか

100g一万円ぐらいするのはなぜ。。。

そもそもそこまでお金出しておいしいのか。。。?

・ジャコウネコとは

・ジャコウネコとは
  1. ジャコウネコとはどんな動物なのか
  2. なぜコーヒーを食べるのか
  3. 食べたコーヒーチェリーが何でコーヒーになるのか

1.ジャコウネコとはどんな動物なのか

ネコとついているがネコ科ではないです。

ジャコウネコ科に属しています。見た目が近い動物ではハクビシンやアライグマといったところです。

コーヒーのほかにも代表的なものがあり、「香水」にも体から分泌される液が使用されていたみたいです。

2.なぜコーヒーを食べるのか

ジャコウネコは基本的には雑食です。

種や生活圏によって食すものがことなるようです。

雑食ゆえにコーヒー農園の付近に生息する個体はコーヒーチェリーを口にします。

その口にするコーヒーチェリーもしっかり完熟したおいしいものを選んで食べています。

3.食べたコーヒーチェリーが何でコーヒーになるのか

ジャコウネコはコーヒーチェリーの実部分は消化することができても種子の部分は消化することができないため体外に排出されます。

その排出されたコーヒーの種子を洗ったものがコーヒーとなります。

植物の種が体外に排出されるのは他の動物にもよく見られるので不思議ではないですね。

・なぜこんなに高いのか

・なぜこんなに高いのかか
  1. 通常よりかなり手間
  2. とても生産量が少ない
  3. 天然物と養殖物

1.通常よりかなり手間

通常コーヒーはコーヒーノキが栽培されているところから手で摘み取るか機械で収穫を行います。それに比べてジャコウネコは決まった場所に糞をするわけではないので探す手間がかかってしまうのです。

集めた豆をきれいにする手間もありますがこちらは通常の収穫でも行われますので手間には含まれません。

2.とても生産量が少ない

こちらは想像がつくかと思います。

ジャコウネコはコーヒーチェリー以外のものも食べると思います。そうするとおのずと体外に排出されるコーヒー豆も少なくなります。

また、排出された糞をすべて集めるのも不可能に近いのではないかと思います。

3.天然物と養殖物

購入の際の要注意点です。

通常のものは野生のジャコウネコが完熟したコーヒーチェリーを食べ体外に排出されるという流れです。

しかし、このコーヒーの売値の高さに目をつけてかジャコウネコを養殖のようにゲージなどにいれ餌として選別していないコーヒーチェリーを与えて体外へ排出されたものを集めて販売している場合もあります。

当然天然のものよりも安くなります。

・おいしいの?

・おいしいの?
  1. コピルアク
  2. カペアラミド
  3. (余談)ブラックアイボリー

1.コピルアク

こちらはインドネシアで生産されたものにつけられる名称です。

体内でゆっくりと消化される過程で同時に発酵もしているそうです。

とても香りがよく通常のインドネシアのコーヒーとも違う味わいがするそうです。

2.カペアラミド

こちらはフィリピンで生産されたものにつけられ名前です。

フィリピンのものは天然のものしか流通していないのではないかと思います。

というのもフィリピンではジャコウネコの飼育が禁止されています。

(余談)ブラックアイボリー

上のものはジャコウネコでしたがこの「ブラックアイボリー」は象です。

ジャコウネコとは異なり草食である為、消化器官が異なり違う味わいとなるみたいです。

このブラックアイボリーはもっととんでもない値段するみたいです。

・まとめ

・まとめ

もし、気になって飲んでみようという方はどのように流通しているものなのか気を付けるようにしておきましょう。

養殖のものや、そもそもジャコウネコすら関係していないコーヒーかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました