【いつまでおいしい?】コーヒーの賞味期限っていつまでなの?

【いつまでおいしい?】コーヒーの賞味期限っていつまでなの? Beans

「コーヒー買ったの忘れてすごい時間たってた」

「コーヒーって賞味期限あるの?どれぐらい持つの?」

このようなこと思ったことありませんか。

いつまで飲めるかといつまでおいしく飲めるかは異なるので今回はいつまでおいしく飲めるかということについてみていきたいと思います。

豆の状態や、粉の状態でもコーヒーの賞味期限は変わってきますので3つに分けてみていきたいと思います。

本記事の内容

  • コーヒー豆の状態の賞味期限
  • 粉の状態の賞味期限
  • 抽出後の賞味期限

・コーヒー豆の状態の賞味期限

コーヒー豆の賞味期限は焙煎してから2週間ぐらいが目安です。

焙煎した日が記入してあるものは賞味期限の目安がつきやすいですが、焙煎が記入していないものもあります。

工場などで焙煎して、運ばれて、売り場で売られているものは売られている状態ですでに何日か経過しているものと思いましょう。

買ったのはいいけどしばらく飲まないことがわかっているときは冷凍庫に入れるのもいいです。

冷凍庫に入れた場合の賞味期限は1か月ほどになります。

注意点として一度冷凍した場合には、飲むときに必要な分だけ解凍するようにしましょう。

・粉の状態の賞味期限

粉の状態での賞味期限は1週間ぐらいです。

豆の状態の方が賞味期限が長いため、飲むときには必要な分だけ挽くようにしましょう。

コーヒーは粉にすると表面積が増え、より早く悪くなってしまいます。

また、豆と同様に市販の工場で作られて、粉の状態で売られているものはもっと短い場合があります。

冷凍した場合の賞味期限は2,3週間ほどになります。

粉の状態ではできるだけ早く飲み切ることを推奨します

・抽出後の賞味期限

抽出後が一番賞味期限が短いです。

抽出後の状態で保存することは考えずできるだけ早く飲みましょう。

ホットコーヒーとアイスコーヒーの場合で変わってくるので、別々に見てみます。

ホットコーヒー

ホットコーヒーの場合は30分~1時間ぐらいです。

冷めたらおいしくなくなってしまいますし、淹れた後も酸味が出てきてしまいます。

アイスコーヒー

コーヒーの粉を水の中に入れて8時間ほど待つタイプの水出しコーヒーの場合です。

水出しコーヒーの場合はずっと冷蔵庫に入れられており、多少酸化が抑えられるため8時間たって完成してから2日ぐらいと考えましょう。

・まとめ

・まとめ

各状態での賞味期限についてわかってもらえたでしょうか。

コーヒーは生鮮食品などといわれたりします。それぐらいおいしい期間を保つ時間が短いです。

買った際には長いこと保存することは考えず、早いこと飲みましょう。

タイトルとURLをコピーしました