コーヒーの抽出原理と抽出器具

サイフォン Recipe

あなたの抽出方法は「浸漬式」「透過式」どちらに当てはまるでしょう。

例として挙げると「ペーパードリップ」は「透過式」に分類されます。

ここではこのような抽出原理と抽出方法についてみてみましょう。

本記事の内容

  • 代表的な2つの抽出原理
  • 抽出原理別主な抽出方法

代表的な2つの抽出原理

こちらはすでに冒頭にも出てきている「浸漬式」と「透過式」のことです。

コーヒーに含まれている水に溶け出る成分(可溶性成分)をどのようにして取り出すかとということです。

どちらが優れているかということは言えません。

それぞれの抽出器具や時間などによってさまざまでそれぞれに良い点があります。

浸漬式・・・

コーヒー粉をお湯に浸してコーヒーの成分をお湯に溶けださせる方式。

透過式・・・

コーヒーの粉にお湯を通過させてコーヒーの成分をお湯に溶けださせる方式。

抽出原理別主な抽出方法

浸漬法・・・

  • フレンチプレス
  • サイフォン

透過式・・・

  • ペーパードリップ
  • ネル
  • 金属フィルター

未分類(加圧式)・・・

  • エスプレッソ
  • マキネッタ

浸漬式」は「透過式」に比べて抽出技術による味のブレが少ないです。

コーヒーの粉とお湯が接触する具合が安定しやすいためです。

「サイフォン」の場合はお湯が上がってきてからの攪拌時にややブレとなる部分が生じますが「フレンチプレス」はあまりそのようなブレは生じません。

透過式」は「浸漬式」に比べて技術による味の差が生じやすいです。

この点は良くも悪くも捉えられます。

良い点」はお店を出している方や経験が豊富な方などの淹れ手による抽出では、コーヒーの持ち味をうまく表現することできます。

悪い点」はコーヒーのドリップなどの経験が少ない人が抽出を行うと入れるたびに味が安定しないなどが挙げられます。

エスプレッソ」などは透過式にも浸漬式にも分類されることがある抽出法です。

コーヒーの粉とお湯を接触させる際に圧力を用いて短時間で抽出する方法です。日本ではカフェなどで愉しむという印象が大きく、コーヒーの粉とお湯を接触させる具合に技術が必要です。

・まとめ

それぞれの抽出方法のどの過程を捉えるかによってどちらの抽出方式の要素を多く含むかは変わってきます。

なので、おおまかに二通りの方法があることを前提にあなたの好みの方法を探してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました