【フレーバーホイール】コーヒーの表現どうしたらいいの?

円グラフ Recipe

コーヒーをお飲みのあなたはいろいろな種類のコーヒーを飲んでいると思います。

買ってきた楽しみなコーヒーを最初に飲む際どのような味と表現していますか?

香りや、苦み、酸味など表現がいろいろあって困ってしまうと思います。

今回はコーヒーのフレーバー表現を細かく分類分けした「フレーバーホイール」というものをご紹介します。

本記事の内容

  • フレーバーホイールは何のためにあるの?
  • フレーバーホイール入手方法

フレーバーホイールは何のためにあるの?

「フレーバーホイール」は味を誰もが同じ表現で表すことができるようにSCA(Special Coffee Association)とWCR(World Coffee Reserch)の共同開発で作成されました。

「SCA(Special Coffee Association)」・・・

日本語にするとスペシャルティコーヒー協会。

コーヒーの専門家によって組織されコーヒーの品質の規格を一定にすることを旨としている。

コーヒーの栽培やローストなど様々な規格を設定している。

「WCR(World Coffee Reserch)」・・・

コーヒーの研究を行う非営利団体。世界各地に研究所があり、生産や品質の向上を目指している。

世界で消費されるコーヒーが国によって味の表現の仕方が異なると同じコーヒーを指しているはずがまるで違うコーヒーを指しているみたいな状況を生んでしまいます。

産地が限定された日本になんか出回らないような果物の香りがすると他国の人にいわれても日本の人にはまるで想像できないような状態です。

現在(2020/3/17時点)ではフランス語、イタリア語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語、韓国語、スペイン語、英語、中国語(簡体字、繁体字)で作成されたものが存在します。

美味しさを表現するものなのでいい表現で作られたものかと思いきやマイナスになるような表現(石油やカビ・ホコリ)も含まれています。

フレーバーホイール入手方法

「フレーバーホイール」はSCA(https://store.sca.coffee/products/the-coffee-tasters-flavor-wheel-japanese-digital-version)で配布されています。

ただし、有料($9.99)です。

デジタル版はパスワード付のPDF形式でダウンロード可能なようです。

支払い方法はVISA、マスターカード、アメリカンエクスプレスなど主要なものは使えるみたいです。

「E-mail」にメールアドレス

「Last name」「First name」に名前

「Company (optional)」に会社(任意)

「Country/Region」に国名

「Postal Code」に郵便番号

「Prefecture」に都道府県

「City」に市町村

「Address」に市町村以降の番地など

「Apartment,suite,etc(optional)」にアパート、マンション名(任意)

「Phone」に電話番号(国際電話の場合+81を電話番号の先頭につけ市外局番、携帯番号の最初の「0」を取り除きましょう。例.080⇒+8180)

購入しない方法では、図書館などでコーヒーに関する書籍を見てもらえるとのっている場合が多いです。これがお金もかからずお得ですね。

・まとめ

コーヒーを飲んだ際に味などをメモしておく人にはすごい重宝するかもしれません。

また、メモをしない人でもフレーバーホイールを見ながら飲むことによって味覚の表現の幅がいつもより広がるかもしれません。

気になる方は一度見てみることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました