コーヒーを挽く方法【道具の選び方も説明有】

コーヒーを挽く方法【道具の選び方も説明有】 Beans

「コーヒーを豆の状態でもらったのだけれどどうやって粉にするのだろう?」「コーヒーを挽く道具ってどんなのだろう?」「コーヒー買うお店でいつも挽いてもらうけれど家で挽く意味あるのかな?」

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

・コーヒーを挽く方法3点解説

・目的別コーヒーの挽き方これでもう迷わない

コーヒーを豆の状態から粉にするには専用の道具が必要です。

また、コーヒーをおいしく飲むためにはその専用の道具が必要です。

コーヒー豆は挽いた時から劣化が進みます。もちろん豆のままでも進むのですが、粉にした後は表面積が大きくなりより劣化の速度が速まるというわけです。

淹れる直前にコーヒーを挽く方という方法が一番おいしく飲める方法となります。

記事の後半では、挽いたコーヒーの目の細かさによる適切な抽出方法と味への影響も説明しています。

それでは、どのようにコーヒーを挽くのか見ていきましょう。

・コーヒーを挽く方法【3点解説】

コーヒーを挽く方法【3点解説】

コーヒーを挽く道具を「コーヒーミル」といいます。

コーヒーミルさえあればコーヒーを挽くのはとても簡単です。

コーヒーミルの性能について3点見ていきたいと思います。

  • 手動式と電動式
  • 刃の種類
  • 挽き目調整機能

・手動式と電動式

コーヒーのミルには手動式と電動式があります。

一日に飲むコーヒーの量が多い人はその分コーヒーを挽く回数も多くなりますので、電動の方がいいと思います。少量で済む場合には手動式もおすすめです。

それぞれの特徴は以下のようになっています。


手動式

仕組み⇒ハンドルを手で回すことでコーヒー豆を粉にします。レバーの形のものや車のハンドルのような形ものもあります。

価格⇒ 安価なものから高価なものまでさまざまです。

大きさ⇒ 大きさも様々で持ち運び安い小型なものもあります。

掃除面⇒ 筒形のものは掃除がしやすいものが多いです。

電動式

仕組み⇒ 電源をつなぎ、スイッチを入れることで刃が回転し粉にします。スイッチをONにしている間回転するものやスイッチを押している間回転するもの、タイマー機能のついているものがあります。

価格⇒ 手動式よりやや高価になるものが多いです。

大きさ⇒ 据え置き型のものが多いです。

掃除面⇒分解など少し手間がかかる場合があります。

・刃の種類

コーヒーミルは刃が臼式のものを選びましょう。


コーヒーミルには刃が「ブレード式」、 「コニカル式」 、 「フラット式」 のものがあります。

刃がブレード式のものはプロペラが回転することによってコーヒーを挽きます。ブレード式では粉の粒の大きさが整わず、えぐみや雑味のもとになる「微粉」を多く出してしみます。

コニカル式、フラット式ではどちらの形状でも微粉はブレードのものよりも少ないです。


以上の観点からブレード式のものは電動、手動問わずあまりお勧めはできません。

コニカル式のものは手動に多くフラット式は電動に多いです。


・挽き目の調整

挽き目(メッシュ)の調整がついているものは便利です。分解などせずに手軽に調整ができるものがおすすめです。


後術で詳しく説明しますが、抽出方法によって適した挽き目があります。挽き目調整機能がついていれば様々な抽出方法に対応することができます。


また、挽き目を変えるためにコーヒーを挽き前にいちいち分解するのも手間だと思いますので、ダイヤルなどで簡単に変えれるものが便利です。

電動式の場合はついているものが多いです。反対に手動式のものはついているものが少ないと思います。挽き目の調整がついていないものはほとんどが中挽きに含まれる挽き目です。


・目的別コーヒーの挽き方これでもう迷わない

目的別コーヒーの挽き方【これでもう迷わない】

先の章で「微粉」や「挽き目」について少し触れました。

次は、それらがどのように味や抽出方法に影響があるのか見ていきましょう。

味の好みに合わせた挽き目の選択

抽出方法に合わせた挽き目の選択

味の好みに合わせた挽き目の選択

好みの味に応じて挽き目を選択しましょう。


挽き目が「粗い」と「細かい」ではコーヒーの香味(ボディ)が変わってきます。

挽き目が「細かい」方が表面積が大きくなり、お湯に触れる面積が多くなります。お湯に触れる面積が多いほうがコーヒーの成分がよりお湯の中に溶け出る(抽出)ため「重み」が出ます。反対に挽き目が「粗い」とお湯に溶け出る成分が少なるため「すっきり(ライト)」な味わいになります。


もしこれからミルを購入する予定があるのなら、あなた好みの味に合わせた挽き目で挽くことができるミル、または調整機能のついているミルを探してみましょう。

挽き目で味を調整する場合、お湯の温度や抽出時間などは固定し変更するのは挽き目だけにしましょう。何によって味が変わったのかがわかりにくくなります。


抽出方法に合わせた挽き目の選択

あなたがよく使用する抽出方法に合わせて挽き目を選びましょう。


コーヒーは抽出方法ごとにそれぞれ抽出力が異なります。それぞれの器具にあった挽き目を選択しないと意図していないほど苦くなってしまったり、えぐみまで抽出されてしまいます。

挽き目を大きく4種類に分けて適した抽出方法を以下にまとめます。


・極細挽き

エスプレッソ、イブリック

・細挽き

マキネッタ、ペーパードリップ、サイフォン

・中挽き

フレンチプレス、ペーパードリップ、ネルドリップ、金属フィルター、サイフォン

・粗挽き

パーコレーター、フレンチプレス、ペーパードリップ、ネルドリップ

エスプレッソは高温高圧で短時間抽出するた極細挽きでないとうまくコーヒーとお湯を触れさせることができずに、物足りないコーヒーに仕上がってしまいます。

また、極細引きをペーパードリップに使用すると狙ったようにコーヒーが落ちてこずとても重いコーヒーになってしまいます。


まとめ

まとめ

コーヒーを家庭で挽くのであればコーヒーミルは必須です。

また、家庭でコーヒーを挽くことがコーヒーを一番おいしく味わえる方法です。

しっかりとした作りのコーヒーミルを購入すれば買い替えの必要もなく長いことずっと使っていけると思います。

もし、安価なものを購入しようか悩んでいるのであればお店で挽いてもらって早いうちに飲み切るのが得策です。

コーヒーミルをタイプに分けてピックアップしたのでこちらを参考して下さい。

タイトルとURLをコピーしました