【おすすめ】コーヒードリップ (道具編)【初心者向け】

コーヒー道具 Recipe
コーヒー始めたい人
コーヒー始めたい人

「家でもおいしいコーヒー飲みたいけどどうしたらいいんだろう?

道具って何か必要かな?コーヒー豆は?」

こんな疑問を持つあなたにお答えします。

本記事の内容

  • コーヒードリップに必要な道具【必須】
  • コーヒードリップに必要な道具【あると便利】

・コーヒードリップに必要な道具【必須】

コーヒーを家で入れるにあたって最低限必要なものをリストアップしました。

コーヒー用品を扱っているお店に行くとたくさんの種類が置いてあり迷ってしまうと思いますので以下を参考にしてみてください。

  1. ドリッパー
  2. ペーパーフィルター
  3. キッチンスケール
  4. キッチンタイマー

それでは順に見ていきましょう。

1.ドリッパー

ペーパーフィルターを置き、上からお湯を注ぎコーヒーを抽出するために使用する道具です。

コーヒー道具のメーカーにより様々な形や、素材のものが販売されています。

どれをしようか迷うかもしれませんが、最初は自分の気に入ったものを使用すればよいと思います。もともと、家にある方はそれを使用してもらうのが費用が掛からなくてよいかと思います。

新しく購入される方は、プラスチック製のもので気に入ったものを購入されるのが初期投資費用も少なくできるかと思います。

2.ペーパーフィルター

ドリッパーの上に置きコーヒーの粉を入れて抽出する際に使用します。

大きく分けて三種類(円錐形、台形、ウェーブペーパーの形がありますのでお使いのドリッパーの形にあったフィルターをご購入してください。

各種ドリッパーに対応したペーパーが販売されていますのでそちらを購入されるのが間違いないです。

3.キッチンスケール

コーヒー豆の量や、お湯の量を測るのに使用します。

おいしいコーヒーをドリップできたとしても次の機会に同じ味が豆の量、お湯の加減などがわからないと再現できませんので必須として加えました。

すでに台所用品などでキッチンスケールを使用しているものがあればそれを使用してください。

また、コーヒースケールと言ってスケールに時間が測れる機能がついたものも販売されています。

4.キッチンタイマー

コーヒーを抽出する際の時間計測に使用します。

3.キッチンスケールで紹介したコーヒースケールを使用する方は、タイマーは必要ありません。

時間が図れればよいので、スマートフォンのストップウォッチ機能を使ってもらっても構わないですし、100均などで別途購入されるのもよいかと思います。

・コーヒードリップに必要な道具【あると便利】

その他にあると便利なものもご紹介します。

最初のうちは無理に買わなくてもいいかなというものになります。

  1. ドリップケトル
  2. コーヒーサーバー
  3. コーヒーミル
  4. 温度計

それでは順に見ていきます。

1.ドリップケトル

コーヒーの粉の上にお湯を注ぐのに使用します。お湯の量やお湯を注ぐ場所が通常のケトルよりも調整しやすくなります。

コーヒーの抽出が安定するのでおすすめです。

もし、ほかのもので代用されるならすぐにお湯を沸かすことができるようなケトルや、やかんなどお湯を沸かしたものから注ぐ形でよいかと思います。

コーヒーケトルにも

先が細くて根元が太いタイプ、先も根元も細いタイプ

火やIHで沸かすもの、電気で沸かすもの

ステンレスでできているもの、銅やホーローで作られているもの

と種類が豊富です。

こちらを参考にしてみてください。

2.コーヒーサーバー

一度にたくさん飲まれる方や複数人分淹れる方はあると便利です。

メモリのついていて抽出量の目安になるのものなどあります。

また、インテリア的なものや実験器具的な物など形は様々です。

購入される場合はあなたが気に入るものか実用的な物を買いましょう。

一人分しか抽出しないのであれば、カップの上に直接ドリッパーをセットして抽出する形をお勧めします。

3.コーヒーミル

コーヒー豆を挽くための道具です。コーヒーグラインダーと呼ばれることもあります。

挽いた状態で販売されたものを購入される場合は必要ありません。

また、コーヒー豆販売店で購入される場合はペーパーフィルター用に挽いてくださいとお店の人にお願いしましょう。

コーヒー豆は挽いた瞬間から劣化が始まってしましますので、金銭的に余裕がある場合は購入することをお勧めします。

ミルについてはこちらで解説しますので参考にしてください。

4.温度計

ドリップに使用するお湯の温度を測るために使用します。

コーヒーを抽出する温度を一定にすることで次回以降再現がしやすくなります。

ケトルなどに温度計がついているものを使用される場合は不要です。

市販のデジタル表示のものがすぐ計測でき使いやすいです。

・まとめ

必須編で紹介したものがあればコーヒーの抽出は可能です。

その中でもとりわけドリッパーとフィルターさえあればお手軽にコーヒーを味わえます。

道具はあるけど淹れ方がわからない、ついでに淹れ方も知りたいという方は以下を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました