【おすすめ】コーヒードリップ(ドリップ編)【初心者向け】

ペーパードリップ Recipe

「コーヒーの道具はあるのだけれどどうやって入れたらいいの?」

コーヒーの道具はあるけどいざコーヒーを飲もうとしたときやり方がわからないとなってしまった方に向けて記事を書きました。

道具編についても書いてますので道具について知りたい方は参考にしてください。

本記事の内容

  • コーヒードリップ【順序】
  • コーヒードリップ【準備】
  • コーヒードリップ【注ぎ】

コーヒードリップ【順序】

フロー写真

ここではコーヒーを淹れるにあたっての流れについて説明します。

  1. コーヒー豆を測る
  2. ドリッパーを温める
  3. コーヒー粉をセットする
  4. 1湯目を注ぐ
  5. 蒸らす
  6. 2~4湯目を注ぐ

このような順序になります。

青色のマーカー部については【準備】

赤色のマーカー部については【注ぎ】

の部分に該当します。

それでは順に見ていきましょう。

コーヒードリップ【準備】

まず、コーヒー豆を測りましょう。

一人分(120ml想定)のコーヒー豆の量はおおよそ9g~12g程度です。(最初は10gで試してみてください。)

メジャースプーン1杯だと豆や粉によりグラム数が異なりますのでスケールで測るようにしましょう。

次にドリッパーを温めます。

カップまたはサーバーにドリッパーをセットしてお湯を上から均等に流し温めていきます。

この時、ペーパーフィルターをセットした状態で注ぐかセットしていない状態で注ぐかはどちらでもよいと思います。要するにフィルターを濡らすか濡らさないかということなんですが、最初のうちは気にしなくていいです。

温まったらお湯を捨てましょう。

次に(ペーパーフィルターをセットした状態で)粉を入れます。

コーヒーの粉が平らになるようドリッパーを少し揺すります。

サーバーまたはカップの下にスケールを準備します。

ここまでで準備は完了です。次の注ぎに移ります。

コーヒードリップ【注ぎ】

それでは注いでいきます。

お湯の量は一人分120mlとしたら少し多めの150mlぐらい用意しましょう。

以下のことに注意して1湯目を注ぎます。注ぐお湯の量は15%~20%を目安にしましょう。

タイマーを忘れずつけます。

  • お湯はフィルターに直接かけないようにする。
  • ゆっくりと注ぐ。(通常のケトルややかんからお湯を注ぐ場合は意識特に意識します。)
  • 全体が湿るように注ぐ。

粉が膨らんできますので (状態によっては膨らまない場合もあります) 30秒程度そのままにして蒸らしましょう。

蒸らし終わったら残りのお湯を注ぎます。

2湯目は1回目と同様に20%程度注ぎます。

粉が少し沈んできたぐらいを目安に残りのお湯を3湯目と4湯目に分けて注ぎます。お湯の割合は残りのお湯を1:1でOKです。

4湯目を注ぎ粉が少し沈んできたぐらいでドリッパーを外します。

抽出完了時点で2分から3分を目安にしましょう。(何杯いれるかや使っている道具などにもよるので少し時間にばらつきがでますのであくまでも目安です)

以下のことに注意して注ぎましょう。

  • 2湯目は1湯目と同様ゆっくり注ぐ。
  • 3湯目、4湯目は少し早く太めに注ぐ。
  • 4湯目を注ぎ終わったらまだお湯が残っていてもドリッパーを外す。

以上で完成です。

温かいうちに味わいましょう。

・まとめ

もう一度以下についてみてみましょう。

  • お湯の量豆の量はしっかり計量しておきましょう。
  • ドリッパーは温めましょう。
  • 時間はしっかり計測しましょう。
  • せっかくなので楽しみながらやりましょう。

気を楽にしてやってみてください。コーヒーがおいしかったら何よりです。

タイトルとURLをコピーしました