【世界のコーヒー】インドネシアのコーヒーって?【アジア】

【世界のコーヒー】インドネシアのコーヒーって?【アジア】 azia

「インドネシアってコーヒー作ってるの?」

「マンデリンは聞いたことがある」

「インドネシアって島がたくさんでコーヒー育てられるの?」

こんな疑問コーヒー買う時に思ったことないでしょうか?

インドネシアは赤道周辺でコーヒーベルトに属しており、標高の高い山も数多く存在しているためコーヒーの生産が盛んです。

スマトラ島、ジャワ島、スラウェシ島、バリ島などこれらの島ではコーヒーの生産が盛んにおこなわれています。観光地のイメージが強い島もあるので意外かもしれません。

数多くの島を有するインドネシアのコーヒーについて詳しく見てみましょう。

本記事の内容

  • インドネシアのコーヒー事情
  • インドネシアのコーヒー地図
  • インドネシアのコーヒー特色

・インドネシアのコーヒー事情

・インドネシアのコーヒー事情

冒頭でもご紹介の通りインドネシアは東南アジアに属する数多くの島で形成されています。

それゆえに島ごとで生産されるコーヒーにも少しずつ違いがあります。

日本で流通しているマンデリンなどのアラビカ種も栽培されていますが、病耐性のあるロブスタ種の栽培も多く行われています。島によってほとんどアラビカ種、ほとんどロブスタ種といった具合に偏っています。

また、インドネシアでは「スマトラ式」という生産処理方法が主流となっています。ウォッシュドの式のように水を使うには資源が乏しいため、インドネシアで独自に開発された手法です。

生産処理についてはこちらを参考にしてください。

インドネシアは希少なコーヒーで有名な「コピルアック」も生産しています。麝香猫がコーヒーの実を食べその排出された種子を集めて洗ったものです。

MEMO

【年間生産量】・・・約72万トン(※1)

【世界生産量ランキング】・・・3位(※1)

【主な品種】・・・ティピカ、カトゥーラ、ブルボン

【収穫期】・・・地域によって乾季・雨季が異なるためまばら

【生産処理方法】・・・スマトラ式、ウォッシュド

※1・・・FAO(Food and Agriculture Organization)による「2018年度統計」をもとにしています。

・インドネシアのコーヒー地図

・インドネシアのコーヒー地図

インドネシア最大の島スマトラ島ではアチェ地区、リントン地区が有名な生産地で、マンデリンの生産地でもあります。

スラウェシ島ではトラジャと呼ばれる銘柄が有名です。ママサ地区、トラジャ地区、エンレカン地区はトラジャの生産地域です。

ジャワ島ではアラビカ種は少なくロブスタ種の生産の方が盛んです。

・インドネシアのコーヒー特色

・インドネシアのコーヒー特色

スマトラ式生産処理により生豆の状態では通常のコーヒー豆とは異なり少し暗めの色をしているのが特徴的です。

マンデリンはスパイシーな香りが特徴的でコクがあります。深入りで焙煎されることが多いので酸味をあまり感じることはですが、中煎りぐらいにすると酸味もしっかりと感じられます。

トラジャはマンデリンよりも柑橘系を思わせるところがあり、柔らかめな印象を受けます。

タイトルとURLをコピーしました