【膨らまない?】コーヒー粉は何で膨らむのか

【膨らまない?】コーヒー粉は何で膨らむのか Recipe

「コーヒーの粉が膨らまない」

「どこかで手順間違えたかな」

ペーパードリップなどでコーヒーを抽出する際にお湯をかけるとコーヒーの粉がもこもこと膨らんでくると思います。

しかし、なぜか膨らんでこないときがあり、どこの手順が間違っているかわからないとなったことありませんか。

なぜコーヒーの粉が膨らみ、なぜ、膨らまないのかというところを見ていきたいと思います。

本記事の内容

  • 何でコーヒーの粉は膨らむのか
  • コーヒーが膨らないのはなんで?

・なんでコーヒーの粉は膨らむのか

コーヒーの粉にお湯をかけるともこもこ膨らむのはコーヒーの粉から放出されるガスが原因です。

このガスは焙煎時から盛んに放出され続けており、焙煎2日後ぐらいまでは顕著にみられます。

ところで、なぜガスは放出されるのでしょうか。

それはコーヒーの焙煎中には起こる様々な化学反応に関係があります。

その中でコーヒーの生豆に含まれるクロロゲン酸が分解され、また分解されたものがまた分解などが行われることにより炭酸ガスが発生します。

炭酸ガスはコーヒー豆の内部に存在していますが、それがコーヒー豆の細胞の隙間から放出されているのです。

・コーヒーの粉が膨らまないのは何で?

・コーヒーの粉が膨らまないのは何で?

コーヒーの粉が膨らまないのにはいくつかの理由があります。

1つ目は上の内容から想像がつくかもしれませんが、コーヒーが焙煎されてから時間が経過すると膨らみづらくなります。

コーヒー内部のガスが時間経過とともに放出されてほとんどないためお湯をかけてもガスが出てこずコーヒーの粉が膨らみません。

2つ目浅煎りだと膨らみにくいです。

浅煎りの場合内包するガスの量が少ないため時間が経っていない場合でも、ガスがほとんど放出されてしまっている可能性があります。

3つ目粉の挽き具合も影響します。

粉を挽いた後は表面積が増えるためガスが抜けるのも早くなります。粗挽きと細挽きでは表面積が異なるためガスを表出する量も変化してきます。

粗挽きの方が表面積が小さいためあまりガスが放出されず、細挽きでは表面積が大きくなるためガスの表出が粗挽きよりも多く行われます。

・まとめ

・まとめ

コーヒーの粉が膨らむ理由が理解できたでしょうか。

コーヒーの粉が膨らむから必ずおいしいというわけではありません。膨らみにくい可能性もあるということです。

また、焙煎したてなどのガスが盛んに表出されている際は抽出が安定せずドリップがしにくい状態となっていますので気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました