【世界のコーヒー】ペルーのコーヒーって?【南米】

【世界のコーヒー】ペルーのコーヒーって?【南米】 south america

「ペルーってどこにある国だっけ?」

「南米ってブラジルとコロンビアはコーヒーで有名だよね」

ペルーと聞いてどのようなイメージが浮かぶでしょうか。

コーヒーが思い浮かぶ人はなかなかいないでしょう。

たいていの人はインカ時代の空中都市「マチュピチュ」を思い浮かべるのではないでしょうか。

そんな美しいマチュピチュがあるのは標高2400mぐらいのところみたいです。

これだけの高所であればコーヒーも育てることができそうな気がしますね。

実際はどのようになっているのか見てみましょう。

本記事の内容

  • ペルーのコーヒー事情
  • ペルーのコーヒー地図
  • ペルーのコーヒー特色

ペルーのコーヒー事情

・ペルーのコーヒー事情

ペルーは南米に位置し、北にエクアドル、コロンビア、東にブラジルと接しています。

また、観光では冒頭にも上げた「マチュピチュ」が人気です。そのほかにもあの有名な「ナスカの地上絵」やピラミッドのようなところも観光所となっているようです。

国土は大きく3つに分けられることが多く、海岸部、山岳部、ジャングルに分けられます。

コーヒーは大きく北部、中部、南部に分けられることが多く、生産量の大部分を北部で生産しています。また、いずれも山岳部で生産されていますが、各地域で気候が異なるため味にも変化が見られます。

コーヒーの産地として恵まれ、高品質のコーヒーを生産することができるペルーですが、物流網が乏しく、管理が不十分なため日本ではあまり指名度が高くありません。

近年はCOEも開催されるなどコーヒー産業に力が入れられているため、今後は店頭に並ぶことも増えていきそうです。

MEMO

【年間生産量】・・・約37万トン(※1)

【世界生産量ランキング】・・・7位(※1)

【主な品種】・・・カトゥーラ、カトゥアイ、コスタリカ95

【収穫期】・・・5月~9月

【生産処理方法】・・・ウォッシュド

※1・・・FAO(Food and Agriculture Organization)による「2018年度統計」をもとにしています。

ペルーのコーヒー地図

・ペルーのコーヒー地図

北部地域ではカハマルカ地区、アマソナス地区、サン・マルティン地区が主要な生産地域です。

中部ではフニン地区、南部ではクスコ地区が主な生産地区となっています。

ペルーでは有機栽培が主な生産方法としてとられています。

ペルーのコーヒー特色

・ペルーのコーヒー特色

ペルーのコーヒーは口あたりの良いものが多いです。

地区や品種によって異なりますが、バランスが良いものが多く、酸味が特徴的で、フルーツを感じさせるものが多いです。

ペルーのコーヒーでは規格が表記されて売られているものは少ない印象です。

規格は存在するようですが、日本で販売されるものは農園まで特定できるものがおおです。

タイトルとURLをコピーしました