生豆ってどこで売ってるの?【通販10店紹介有】

生豆ってどこで売ってるの?【通販10店紹介有】 Beans

「コーヒーの焙煎を始めたけどコーヒーの生豆ってどこに売ってるのだろう?」

コーヒーで自分で焙煎を始めようと思ってもどこで生豆って売って売るのかわかりませんよね。

今回は生豆がどこで買えるのか見ていきます。

通販で購入できるお店をいくつか紹介します。

本記事の内容

  • 生豆を購入できる場所
  • 生豆を購入する際のポイント
  • 通販で買えるお店紹介

・生豆を購入できる場所

・生豆を購入できる場所

生豆を購入することができる場所は大きく分けて二つあります。

一つ目は、焙煎豆の販売を行っていて生豆の販売も行っている店舗です。

店舗での生豆購入には気を付けておくことがあります。

焙煎豆の販売を行っているからと言って生豆の販売が行われているとは限りません。

店舗で購入しようと考えている方は電話などで問い合わせしてみるのが良いかと思います。また、店舗で生豆の販売を行っている場合は店舗サイトなどでオンラインの販売も行っている場合が多いのが特徴です。

二つ目は、通販での購入です。

通販ではいろいろな店舗で生豆の種類や値段の比較をすることができます。

その分送料がかかってしまう点や情報量が多くどこで購入したらよいか悩んでしまう可能性にも注意しましょう。

記事後半で通販の店舗を紹介します。

・生豆を購入する際のポイント

・生豆を購入する際のポイント

生豆を購入する際にはいくつか注意点があります。

一つ目は、収穫年度によって品質は異なります。

去年のこの農園の豆おいしかったから今年も買ったらいまいちだったということもあります。

農作物である以上収穫する年や時期によってやや品質に差ができてしまいます。毎年全く同じ栽培状況ではないのはお判りかと思います。

なので、上記の例とは反対にとてもおいしいということもあるかもしれません。

二つ目は、農園名、品種が同じならどこの通販でも同じ物ということです。

通販のお店で生豆を見てみて物が同じように見えても値段に開きがある場合があるかもしれません。

何か違うのかなと思ってしまうかもしれませんが物はおそらく一緒です。

流通までの経路やお店として生豆販売における利益で値段が変わってきます。

三つ目は、焙煎慣れていないうちは安い豆を使いましょう。

焙煎に慣れていないうちは安めの豆から始めるのがいいです。最初のうちからベストの状態で焙煎できることはなかなかないと思います。また、できたとしてもその焙煎が安定しないと思います。

自分自身でやり方がある程度確立してきたら、いろいろな豆を試してみましょう。

含有水分量や、豆の大きさ、豆の形によってもしかしたらまた苦戦するかもしれません。

・通販で買えるお店紹介

・通販で買えるお店紹介

それでは生豆購入可能な通販の店舗を紹介していきます。

お店によって豆の情報の公開度合いが異なります。

しっかりと豆の情報を気にする方は公開されているところで購入しましょう。

  1. 珈琲問屋
  2. 松屋珈琲
  3. ワイルド珈琲
  4. ワールドビーンズショップ
  5. 生豆本舗
  6. WINWIN本舗
  7. 生豆ダイレクト
  8. コロネーションコーヒー
  9. e生豆問屋
  10. スペシャルティコーヒー WATARU
1.珈琲問屋

珈琲の通販大手です。

焙煎豆の販売、生豆の販売、その他コーヒー用品のどれも数多く取り扱っています。

また、COE入賞豆の取り扱いもあります。

生豆は少量から購入可能ですが1kgでの生豆購入がお買い得です。

種類
価格安~高
送料3,240円以上で無料
最小購入g100g
2.松屋珈琲

低価格帯で幅広い品ぞろえをしています。

農園や地域、生産処理、品種などの情報が写真としてまとめられています。

価格が安い分送料無料などないので、ある程度まとめて購入した方がお得です。

種類
価格
送料625円~ ゆうパック
最小購入g1kg
3.ワイルド珈琲

品ぞろえがよく500gから購入できます。

また、豆の情報量が多く、入稿日、包装形態など細かく記載されています。

種類
価格
送料500g300円~ 7000円以上で無料
最小購入g500g
4.ワールドビーンズショップ

かなり多く品ぞろえがあります。

少ロットで売りけれなどありますが、COEなどコンペティション豆も取り扱っています。

pdfファイルで各種豆の情報が一度に確認することができます。

種類
価格安~
送料3240円以上で無料
最小購入g200g
5.生豆本舗

おすすめの焙煎度が表示され、香味のが点数化されているので初めて利用する人にわかりやすいです。

また、コーヒー豆の色味や説明など詳しく記載されています。

種類
価格
送料メール便294円 通常610円~
最小購入g100g
6.WINWIN本舗

やや古い見た目のWebサイトが印象的です。

生豆の説明がしっかりしてあり、カップテイストもしっかり記載されています。

種類
価格
送料600円~
最小購入g250g
7.生豆ダイレクト

商品に関する説明はほぼありません。

その分とてもお値打ちとなっています。

支払いが代引きのみとなっていますので注意しましょう。

種類
価格
送料770円~
最小購入g500g
8.コロネーションコーヒー

商品の説明や背景などしっかりと書かれています。

販売サイトのレイアウトが少し見づらいかもしれません。

種類
価格
送料1,210円~
最小購入g500g
9.e生豆問屋

早川コーヒーさんから事業譲渡によりこちらになったようです。トップページにあるよう早川コーヒーさんとの関係はないようです。

商品の詳細があまりありません。

種類
価格
送料500円~
最小購入g1kg
10.スペシャルティコーヒー WATARU

業務用の販売をメインに行っているようですが、個人でも購入できるようです。

生豆の情報やカップテイストまで細かく記載されています。

会員登録を行わないと購入することができないようです。

種類
価格
送料無料
最小購入g5kg

・まとめ

どのぐらいコーヒーを飲むかによって購入の最小単位が重要になってきます。

あまり飲まない方や、いろいろ試してみたい方は少量から購入できるところを選びましょう。

生豆は日持ちしますが、あまり劣悪な環境で放置することは避けましょう。

タイトルとURLをコピーしました