【タイプ別】コーヒー自家焙煎の道具【紹介有】

【タイプ別】コーヒー自家焙煎の道具【紹介有】 Tools

「コーヒーの自家焙煎にチャレンジしたいけど道具って何いるのかな?」「今手網でやってるけどもう少し一回の量を増やしたい。」「自動で焙煎してくれる道具ってないのかな?」

この記事ではこれらに悩む人のためにタイプ別で焙煎の道具を説明していきます。

もし、これから始めてみようかなって思う方は手網での焙煎方法についての記事がありますのでこちらもご覧ください。

本記事の内容

  • コーヒー自家焙煎の道具【手網編】
  • コーヒー自家焙煎の道具【手回し編】
  • コーヒー自家焙煎の道具【電動・自動編】

・コーヒー自家焙煎の道具【手網編】

コーヒー自家焙煎の道具【手網編】
  1. 文字通りの手網ロースター
  2. 誰でも簡単にできる不思議な形
  3. 「IHしか家にない」そんなあなたに
1.文字通りの手網ロースター

一つ目の紹介は「手あみロースター」です。

蓋がついていて豆が飛び出さず豆の状態も確認しやすいです。

取手も熱の伝わりにくい木製で値段もお手頃です。

2.誰でも簡単にできる不思議な形

二つ目の紹介は「発明工房 煎り上手」です。

とてもコンパクトで女性でも取り扱いやすいものになっています。

手あみ焙煎だと出やすい煎りムラがあまり出ないように設計されているため、一風変わった形をしています。

一度に焙煎できる量が少ないため、一日に飲むコーヒーの量が多い人は念頭に置いておきましょう。

3.「IHしか家にない」そんなあなたに

3つ目の紹介は「下村企販 IH対応ロースター」です。

自家焙煎にチャレンジしたいけれど家がガスコンロでなく、カセットコンロも所持していない。

そんな人でも自家焙煎できるIH対応のロースターです。

簡易的な網もついていて途中などに逆さにするだけでチャフ(コーヒーの薄皮)が落とせるようになっています。

コーヒー自家焙煎の道具【手回し編】

コーヒー自家焙煎の道具【手回し編】
  1. 焙煎士気分を味わえる
  2. よりクリアな味わいが好みな人向け
1.焙煎士気分を味わえる

一つ目の紹介は「ユニオン サンプルロースター」です。

まるで、焙煎士になったかのような気分を味わえる商品です。

簡単な構造で壊れる心配もなく長く使えます。

一回で500g程度焙煎可能なため一度に多く焙煎したい人にも向いています。

このタイプを改造して自分の好みにしている人もいるみたいなので気になる方は先に調べてみるといいと思います。

2.よりクリアな味わいが好みな人向け

二つ目の紹介は「ユニオン サンプルロースター(パンチングタイプ)」です。

こちらは上の機種のパンチングタイプです。

胴体に多くの穴が開いているため直火式になります。

排気量が上で紹介したものよりも多いので煙がこもらずクリアな味わいに仕上がります。

コーヒー自家焙煎の道具【電動・自動編】

コーヒー自家焙煎の道具【電動・自動編】
  1. ボタンを押して待つだけのお手軽ロースター
  2. 細かな設定ができる本格的電動ロースター
1.ボタンを押して待つだけのお手軽ロースター

一つ目の紹介は「ライソン ホームロースター」です。

クラウドファンディングサイト「Makuake」で1000%を超える人気を集めた電動ロースターです。

ボタンを押すだけで焙煎が始まり、焙煎が終了したら自動で止まります。

掃除もチャフが自動で機械に回収されるので掃除も簡単にすることが可能です。

焙煎度合いを2種類のボタンから選ぶことができ、機械上部から生豆が焙煎されていく様子も見ることができます。

2.細かな設定ができる本格的電動ロースター

二つ目の紹介は「Gene Cafe」です。

3D回転による輻射熱で焙煎するロースターです。

温度、時間共に細かく設定が可能で、温度は1℃単位、時間は6秒単位で調整ができます。

設定後スタートすると自動で焙煎が進み、終了後自動で止まります。

回転する部分が透明なため焙煎具合がどのような感じか確かめることもでき、途中で焙煎を止めることもできます。

とても再現性が高いので一度、ベストな焙煎度合いを見つけることができればいつでもその味で飲むことができます。

まとめ

まとめ

自分がどれぐらいこだわるのか、どのぐらいの量コーヒーを飲むかによって物を決めましょう。

こだわりがそんなにないのに高いものを購入しても三日坊主で終わってしまったら勿体ないです。

また、コーヒーをたくさん飲む人が自分の飲む分を自家焙煎しようとした際に一度にできる量が少ないととても時間がかかってしまいます。もし、違うものを購入するにしてもまたお金がかかってしまいますので最初から考えておきましょう。

コーヒーの自家焙煎は好きで楽しくやるのが一番だと思います。うまくいかなかったときは試行錯誤してみてください。よりすばらしいコーヒーライフを応援しています。

タイトルとURLをコピーしました