コーヒーの焙煎度合い【味の大部分は焙煎】

コーヒー焙煎段階 Beans

「コーヒーを買いに来たけど「ミディアム」「シティ」って何だろう?

焙煎度合いどうしますか?って聞かれてもよくわからないな」

このような疑問にアプローチします。

店舗などにコーヒー豆を買い行くとお店によっては焙煎度合いを聞かれることがあるでしょう。また、焙煎度合いについては聞かれずに焙煎されたコーヒー豆が渡されることもあると思います。

焙煎度合いはコーヒーの苦みと酸味に直接的に関係した部分となりますので抑えておくとより自分好みのコーヒーに近づけるでしょう。

本記事の内容

  • 【知っておきたい】コーヒーの焙煎による酸味と苦みの関係
  • 【これで注文バッチリ!】コーヒー焙煎8段階

【知っておきたい】コーヒーの焙煎による酸味と苦みの関係

酸味苦み

コーヒーは焙煎していないと青臭い植物的な感じが強くおいしくありません。

焙煎することにより酸味や苦みが生まれおいしく感じられます。

焙煎する前の豆の色は白っぽい色をしています。

コーヒーの焙煎開始し浅煎りぐらいでは苦みが少なく、酸味が強いです。また、豆の色は薄茶色をしています。

焙煎が進んでくるとだんだんと苦みが強くなってきます。

また、焙煎が進むと同時に豆の色も茶色を経由して黒色に近いものとなっていきます。

深煎りぐらいになってくると酸味はほとんど感じられず、苦みが強いです。

自分の好みの焙煎度合いを見つけるためにはいろいろな焙煎度合いを飲み比べて苦み酸味の好きなバランスを確認することをおすすめします。

【これで注文バッチリ!】コーヒー焙煎8段階

焙煎度合いは一般的に上のように8種類で分類されることが多いです。

焙煎度の目安として「ライトロースト」と「シナモンロースト」は浅煎り、「ミディアムロースト」と「ハイロースト」は中煎り、「シティロースト」と「ハイロースト」は中深煎り、「フレンチロースト」と「イタリアンロースト」は深煎りとされています。

それぞれの焙煎目安がどのような特徴なのか見てみましょう。

・ライトロースト

酸味が強く苦みはほぼ感じない。また、生豆のような青臭さが残る。

・シナモンロースト

まだ酸味が強く苦みが少ない。このあたりからコーヒーの香りが立ち始める。

ミディアムロースト

主に酸味といった感じではあるが、苦みを伴う一般的なコーヒーらしさが出てくる。

・ハイロースト

酸味と苦みのバランスがよく、スタンダードな焙煎度合いの一つ。

シティロースト

少し濃いめの茶色に代わり始めるタイミング。このあたりから苦みが少し強くなり、重さが出てくる。こちらもお店の定番度合いの一つ。

フルシティロースト

酸味がこのあたりから少ない。アイスコーヒー用などに用いられる。

フレンチロースト

苦みやコクが強い。黒色に近い茶色になってくる。また、油分が表面に滲んでくる。

イタリアンロースト

苦みや香ばしい感じが強い。ほとんど黒色。

このようになっています。

注意点として、あくまでこちらは味覚な基準などないため、お店によってまちまちです。

同じ呼び方をしていても焙煎度合いが異なる場合もあります。

お店で注文する際は、おすすめの焙煎度合いなどを聞いてから判断するのが間違いないかもしれません。

・まとめ

以下のポイントを確認してみてください。

・初めて豆を購入する場合や、初めてのお店の時はおすすめの焙煎度合いでお願いするかおすすめの焙煎度合いを尋ねましょう。

・自分が好きな苦み、酸味の割合を把握しましょう。

・自分の好みに向けて少しずつ焙煎度合いをずらしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました