【初心者】コーヒーの味って何で決まるの?

【初心者】コーヒーの味って何で決まるの? Beans

「コーヒーの味って大体一緒じゃないの?」

コーヒーにあまり興味がなかったりするとコーヒーの味にそんな違いなんてないんじゃないのって思うかもしれませんね。

実際はいくつかの要素が重なって味を作ります。

身近なところだとホットコーヒーとアイスコーヒーでも少し違うのがわかるのではないでしょうか。

それでは具体的に何が味に影響を与えているのか見てみましょう。

本記事の内容

  • 豆そのもの
  • 焙煎
  • 淹れ方

・豆そのもの

・豆そのもの

それではまずコーヒーの大もとのとなるコーヒー豆についてみていきましょう。

スーパーやコーヒー屋に行ってもコーヒー豆の種類がいくつかあるようにコーヒー豆はすべて同じではありません。

何が異なっているのでしょうか。

  1. 豆の種類
  2. 豆の生産地
  3. 豆の栽培

1.豆の種類

最初に豆の種類です。

野菜などでも同じ野菜に見えても実際は違う品種ということもあると思います。

コーヒー豆も同様で同じように見えても品種がたくさんあります。その品種の数だけたくさんの味があります。

ブルボンなど聞いたことあるかもしれませんがこれが品種に当たります。

2.豆の生産地

豆の生産地も大きな要素です。

いろいろな国で生産されており、それらの国ごと地域ごとの土壌や気候などの要素から影響を受けて成長するからです。

南アメリカのブラジルと東南アジアのインドネシアで環境が違うのはおおよそ検討がつくのではないでしょうか。

3.豆の栽培

生産地も重要でしたが生産地でどのように育てられているかも重要です。

コーヒー豆の栽培では農園ごとに栽培方法が変わっています。

自然のまま栽培したり、機械で収穫しやすいよう均等に並べて栽培したり、直射日光があたらないようにわざと背の高い木を植えて日陰を作ったりと工夫されています。

・焙煎

・焙煎

焙煎も重要な要素です。

お肉を焼く際にウェルダンやレアなどの調整があるようにコーヒーにも焙煎度合いが存在しています。

その焙煎度合いの大きな要素に温度と時間があります。

  1. 温度
  2. 時間
1.温度

お肉を焼くとき同様に温度は重要です。

火が強すぎれば外側だけ焼けてしまい弱すぎれば火が入りません。

コーヒー屋さんでは焙煎を行ってコーヒーが提供してもらえますが、うまく調整しておいしい味わえる火加減に調整がされています。

2.時間

温度と同じく時間も当然重要な要素です。

適正な温度に適正な時間でないとおいしく思えるコーヒーにはなりません。

1分や2分異なるだけでコーヒーの焙煎具合もだいぶ変わってきます。

・淹れ方

・淹れ方

焙煎まで終わった豆も抽出によって表情が変わります。

料理でも焼く、煮るなどで異なるようにコーヒー豆の抽出も異なります。

  1. 抽出器具
  2. 温度
  3. 時間
1.抽出器具

抽出に行うための抽出器具によって豆の成分がどのようにどのぐらい抽出されるかが変わってきます。

コーヒーの油分で例えてみます。

ペーパードリップではコーヒーの油分はフィルターに吸着され、抽出されたコーヒーには油分があまりみられません。それに対してフレンチプレスでの抽出では油分を吸着するものがないため、抽出されたコーヒーには油分が含まれています。

2.温度

コーヒーの成分がお湯に溶け出るには温度が大きく関係あります。

温度が高ければ抽出力は大きいのでコーヒーの成分がよく抽出されます。温度が低ければ溶けだしにくい成分もあります。

例としてコーヒーの温度が高いほど苦み成分が出やすいです。

3.時間

上の温度と共に時間も重要です。

温度が低くても長い時間水にコーヒーに浸していればコーヒーの成分が抽出されます。

高い温度で長い時間行うと成分は多く出ますが、おいしいと思うことができないような成分も抽出されてしまいます。

エスプレッソなどは高い温度に圧力をかけて短時間で抽出します。反対にアイスコーヒーの水出しなどは長い時間かけてゆっくりと抽出します。

・まとめ

・まとめ

コーヒーの味を決める要素について少し深くみてみましたがいかがでしたでしょうか。

いろいろな要素がコーヒーの味にかかわっていることが確認できたと思います。

気になる要素がありましたら、より詳しく見てみるのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました