【硬度】コーヒーって水で何か変わるの?【PH】

【硬度】コーヒーって水で何か変わるの?【PH】 Recipe

「コーヒーに使う水なんて味に関係あるの?」

「ミネラルウォーターの方がいいかな?」

「水道水ではだめなの?」

上のような疑問を持つ人も含め、コーヒーをたくさん飲む人でも抽出する水について考える人はあまりいないのではないでしょうか。

また、なにか変わるのだろうけど行動を起こすのが面倒な人もいるかもしれません。

そういった方は自宅の水道水で淹れたコーヒーと市販のミネラルウォーターで淹れたコーヒーを比べてみましょう。

同じ水ですが何が異なるのでしょうか。

この記事では水の性質とコーヒーとの関係についてまとめてあります。

本記事の内容

  • PHとの関係
  • 硬度との関係
  • 水道水を使う時に気を付けること

・PHとの関係

・PHとの関係
  1. PHとはそもそも何?
  2. 水道水やミネラルウォーターのPHは?
  3. コーヒーとの関係
1.PHとはそもそも何?

水素イオン濃度というものです。簡単には酸性かアルカリ性かということをです。

専門的ではない通常では「0~14」で表されます。

7より小さい値は酸性、7より大きい値はアルカリ性、7が中性です。

身近な例だとレモンは酸性、漂白剤はアルカリ性といったところです。

2.水道水やミネラルウォーターのPHは?

基本的に水道水やミネラルウォーターは中性(PH7付近)です。

日本の水道水は世界的にもかなり清潔ですしPHも7付近ですが、海外だとPHが変わってくる場合があります。

地域や季節などによって多少差が出る場合や、お水を汲んでくるような場合には多少酸性やアルカリ性よりになる可能性もあります。

3.コーヒーとの関係

上で説明したPHがコーヒーに関係あるのかということですが、結構関係あります

というのもコーヒーそのものの性質が酸性ということが重要になってきます。

コーヒーそのものが酸性ということは酸性のお湯で抽出した場合にはより酸度が高くなり酸味を感じやすくなります。

一方アルカリ性のお湯で抽出した場合には賛成のコーヒーと一部中和され柔らかい味わいになります。

・硬度との関係

・硬度との関係
  1. 硬度とはそもそも何?
  2. 水道水やミネラルウォーターの硬度は?
  3. コーヒーとの関係
1.硬度とはそもそも何?

硬度とは水に含まれるカルシウムイオンやマグネシウムイオンの量のことを言います。

単位は「mg/L」がよく使われます。水1Lあたりに何ミリグラム含まれるかということです。

この場合上のカルシウムイオン、マグネシウムイオンを炭酸カルシウムという物質に換算して計算されます。

よく言われる軟水、硬水とはこの数値をもとにしています。

軟水が「0~120mg/L」、硬水が「120mg/L以上」のようにWHOによって定められています。

2.水道水やミネラルウォーターの硬度は?

一般的に日本の水道水は軟水です。また、日本のメーカーから販売されているミネラルウォーターも軟水が多いです。

日本では軟水がメインのためメーカーも飲みやすい軟水のものを販売しています。

硬水ではどのようなものがあるかミネラルウォーターだと「エビアン(硬度304mg/L)」「コントレックス(硬度1480mg/L)」のようなものがあります。

3.コーヒーとの関係

コーヒーを淹れるなら軟水がおすすめです。

硬水でコーヒーを淹れると苦みが強くでてしまったり、水そのもの風味がコーヒーに含まれてしまいます。

軟水は癖がないためコーヒーの抽出にも適しています。また、コーヒー会社ではコーヒー豆の焙煎も軟水を想定した焙煎にされています。

・水道水を使う時に気を付けること

・水道水を使う時に気を付けること
  1. カルキを沸騰除去
  2. カルキを浄水器で除去
  3. 古い水道管には注意

コーヒーをおいしいく飲むためにミネラルウォーターを買うのはちょっと。。。と思うかもしれません。

日本の水道水ではPH7、軟水と条件を満たしているわけですから水道水でもいいと思います。

水道水を使う上での注意すべき点について以下にまとめておきます。

1.カルキを沸騰除去

そもそもカルキとは次亜塩素酸カルシウムのことを指します。身近でいうとプールの消毒に使われたりするものです。

カルキ臭がしたりする場合には沸騰させることで揮発させることができます。

正確には違う物質に変化してそれが揮発するという流れです。

途中で変わる物質があまり健康には良くないため5分以上の沸騰時間を設けた方がよいみたいです。

(参考・・・https://ulunom.tokai.jp/column/detail/136)

2.カルキを浄水器で除去

カルキは浄水器でも除去可能です。

近年の水道設備ではもともと浄水機能を設備してあるものが多いと思います。そのような方は浄水をコーヒーを淹れる際にも使ってください。

もしついていなくても蛇口に簡易的に設備できるタイプも販売されていると思いますのでそういうものを使用しましょう。

3.古い水道管には注意

水道管が古くなっている場合には注意が必用です。

水分に鉄分が含まれてしまい、コーヒーの成分と反応して味に変化を起こしてしまう可能性があります。

古くなっていない場所の水道から水を使うなどの工夫をしましょう。

・まとめ

・まとめ

一度水道水、ミネラルウォーター(軟水・硬水)で飲み比べをしてみましょう。味わいに変化があるかもしれません、気づかなかったような味わいに出会えるかもしれません。

ミネラルウォーターを買う方が水質が安定するのは間違いありませんが、毎回コーヒーを飲むためにミネラルウォーターはって人も多いと思います。

家の水道水の水質がどのようになっているのか調べてみるのも面白いかもしれません。

よりおいしくするために模索してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました