【コーヒーの品種】KP423 , VILLA SARCHI , VENECIA

【コーヒーの品種】KP423 , VILLA SARCHI , VENECIA Varieties

引き続きブルボン系3種です。

なかなか聞かない名前ですが、どのようなものか見ていきましょう。

本記事の内容

  • KP423
  • VILLA SARCHI
  • VENECIA

・KP423

・KP423

SL28のようにアルファベットからとらてれいる名前のように思えますね。

全体の中の423番目とかなのでしょうか。

そのあたりも見ていきましょう。

  1. KP423の特徴
  2. KP423の背景
1.KP423の特徴

収穫できる量には期待ができますが、やや品質が気になる品種です。

さび病に対してはやや耐性を持っているのが特徴的です。カビ病に対してはとても影響を受けやすいです。

2.KP423の背景

KP423はKentという品種がもととなっています。

Kentとはイエメンかたインドに持ち込まれたブルボン種の種子から派生した品種であり、L.P Kent によってえらばれたことからKentという名前が付けられました。

Kentはタンザニアの研究施設からタンザニア国内や東アフリカ地域に紹介されていきました。その後Kentが選別され、「KP423」としてタンザニアやウガンダなどで生産されています。

・VILLA SERCHI

・VILLA SERCHI
by https://varieties.worldcoffeeresearch.org/varieties/villa-sarchi

名前からはコーヒーのような雰囲気が全くしてこないですね。

人の名前のような雰囲気です。

  1. VILLA SERCHIの特徴
  2. VILLA SERCHIの背景
1.VILLA SERCHIの特徴

VILLA SERCHIは背が低い樹とコーヒー豆が小さいところが特徴的です。

また、強風に耐性があることから高所での栽培に適応することができます。

収穫量や品質は平均的となっていますが、密に植えることができるため総合的に収穫量は多くなりそうです。

2.VILLA SERCHIの背景

VILLA SERCHIはコスタリカで発見された品種です。コスタリカ以外ではホンジュラスでも導入されていますが、あまり広まっていない品種です。

また、その独特な名前はサチモール系のコーヒーにちなんで名づけられたとされています。

VILLA SERCHIは背が低く、標高の高いところでの栽培に向いていて、背が低く密に植えることができます。しかし、病体性は持ち合わせていません。そのため、病耐性を持つ品種との交配が行われました。後輩に使用されたのは東ティモールで自然交配によって生まれたアラビカ種とカネフォラ種の後輩であるハイブリッドティモールです。

ハイブリッドティモールとVILLA SERCHIの交配種はHybrid 361(H361)またはサチモールとも呼ばれます。

・VENECIA

・VENECIA
  1. VENECIAの特徴
  2. VENECIAの背景
1.VENECIAの特徴

非常にさび病に弱い品種です。特徴的なのは雨季によく適応するという点です。

また、コーヒーの背は低く、比較的標高の低いところでも適応することができます。

品質収穫量は平均的です。

2.VENECIAの背景

ブルボンの突然変異種です。

コスタリカの研究施設によって選別された品種です。

・まとめ

植物の特性によってかけ合わせが行われることで、より生産者、消費者に好まれる品種が見つかるかもしれませんね。

VENECIAについてはあまり情報がありませんでした。

参考・・・https://varieties.worldcoffeeresearch.org/varieties/

タイトルとURLをコピーしました